夏の源流ビバーク 2021

梅雨が明け盛夏の源流釣行のシーズンがやってきた!

オリンピックが開幕する連休を利用して2泊3日の源流ビバーク釣行へ行ってきました。

 

今回の目的地は、台風や大雨の影響でアクセスや渓が被害を受け3年の時間を空けて訪れる渓。

いろんな方々のSNSの情報からはまだ被害の跡が残っているようだがこの渓のヤマトに会いたくて決行しました。

 

今回もいつものジキルさんとあっちゃんにご同行いただく。

楽しい旅になりそうだ♪

 

まだ暗い3時過ぎに車止めに到着し、ここからは機動力でロングドライブ。

20kg近くある荷物が肩に食い込みかなりシンドい状況だがこの先の出会いへの思いが大きく勝りペダルをこぐ足に力が入る。

 

 

 

 f:id:Natural-Drift:20210725171908j:plain

ようやく山に陽が差してくるころ小休止。

 

そして、とある地点からは機動力を使えない状況となり徒歩で進む。

途中渓へ降りたり、林道へ登ったりを繰り返しようやく今日のテン場に到着する。

 

テントを設営し、

 

 

 f:id:Natural-Drift:20210725171955j:plain

早めのランチ。

本日はざるそば定食♪

源流も盛夏の昼間はさすがに暑いので、こういう時はやっぱり冷たいそばがいいですね。

 

そして夕食までの釣りタイム。

と思いきや・・・

 

 

 

 

 

 

 f:id:Natural-Drift:20210725172046j:plain

この時期は昼になると夕立のような雨が降る。

ただすぐに止むのでタープの下で雨宿り。

 

 

1時間経っても止まない・・・。

そして目の前の渓がコーヒー牛乳に・・・。

 

釣りは明日集中して楽しみますか。

そうと決まれば火をおこして一杯やりましょう~。

 

 

 

 f:id:Natural-Drift:20210725172222j:plain

 

 f:id:Natural-Drift:20210725172325j:plain

本日の夕食はドライのズッキーニ、トマト、オニオン、ガーリックとベーコンのトマトソース炒め。

酒が進みます♪

 

一日の移動の疲れで19時過ぎには就寝。

 

 

 

 f:id:Natural-Drift:20210725172425j:plain

翌朝は快晴!

お湯を入れてすぐにできる朝食をすませ、いざ渓へ!

釣行開始地点までは1時間強の歩きだが、途中の状況はかなり荒れている。

崩落個所がいくつかあり、渓相もかなり変わってしまっている。

 

釣りを開始して1時間。全く生命反応がない・・・。

ここ数年の大雨で流されてしまったのか・・・。

いやな予感がする中ようやくジキルさんのルアーにヤマトがヒット!

それを境に全員に反応が出始める。

 

 

 

 

 f:id:Natural-Drift:20210725172607j:plain

 

f:id:Natural-Drift:20210725172730j:plain

 f:id:Natural-Drift:20210725174922j:plainこの渓特融のグレーバックのキレイなヤマトだ。

厳しい環境の中で生き延びてくれていたことにホっとする。

 

 

 

 

 f:id:Natural-Drift:20210725173033j:plain

この2つの淵では、

 

 

 

 

 

 f:id:Natural-Drift:20210725173259j:plain

尺&泣き尺が連発!

この渓に来てよかった。

 

 

 

 f:id:Natural-Drift:20210725173449j:plain

ランチは辛ラーメン&チャーシュー♪

と、空が快晴からいつの間にか暗い雲に。

これは降るな、と下山の準備をしているとやっぱり昼過ぎの大雨が。しかも雷つき。

 

雨宿りと移動を繰り返しなんとかテン場まで戻ってきたが、やはり源流行でのにわか雨は増水による遡行困難などのリスクをともなうため早めの決断が大事だと痛感した。

 

 

 

 

 

 f:id:Natural-Drift:20210725173609j:plain

夜は川の恵みを少しいただき、焚火を眺めながらウィスキーをチビチビやりながら夜中までジキルさん、あっちゃんと楽しい会話が続く。

本当に贅沢な時間だと感じる。

 

 

 

 f:id:Natural-Drift:20210725173739j:plain

翌日は帰るのみの予定。

命の水を途中いただきながら、ゴール直前でジキルさん、あっちゃんのタイヤがパンクするアクシデントもありながらも無事今年の盛夏ビバークが幕を閉じました。

今年も充実した釣行でした!

 

ようやく解禁

これまで悪天候に阻まれて渓へ出向く機会を逸していましたが、この週末ようやく今期初の釣行へ。

金曜日まで全国的な大雨で、累計雨量を睨みながら当初予定していた渓を諦め別方面へ。

 

f:id:Natural-Drift:20210606140241j:plain

天候は朝から快晴ながら、前日までの大雨で増水ぎみ。

でもなんとか釣りになりそうです。

今年はルアーとフライに二刀流で楽しみます。

まずはルアーから。

 

1ポイント目からチェイスがあり、水の引き際の高活性の予感が♪

 

f:id:Natural-Drift:20210606141647j:plain

ほどなく岩盤沿を狙っていると、

 

 

f:id:Natural-Drift:20210606140311j:plain

今期初のブルーのアイシャドウが綺麗な色白9寸ヤマトとご対面!

祝解禁!

 

では次はフライに切り替えて。

1級ポイントの淵にある反転流へフライを入れると、

 

f:id:Natural-Drift:20210606140332j:plain

f:id:Natural-Drift:20210606140351j:plain

紫色に化粧してボディーは黄金色に輝く泣き尺ヤマト!

解禁を我慢していたので神様からのプレゼントかな♪

その後も飽きない程度にヤマトに遊んでもらいました。

 

 

f:id:Natural-Drift:20210606140425j:plain

f:id:Natural-Drift:20210606140443j:plain

夜は解禁を祝って肉をたらふく食べて、飲んで♪

次は夏の源流ビバークかな。

ソメイヨシノ満開❗️

f:id:Natural-Drift:20210328105005j:plain


f:id:Natural-Drift:20210328104720j:plain

 

f:id:Natural-Drift:20210328104802j:plain

 

f:id:Natural-Drift:20210328105114j:plain

 

今年もコロナを気にしながらのお花見散歩。

早く普通のお花見が出来るようになって欲しいですね。

ソメイヨシノの後に来る八重桜が散る頃、遅ればせながら私の源流釣行シーズンが始まります♪

ヤマトイワナやあの源流を妄想しながら過ごす日々もあと少し❗️

2020 Final !

Day1

いよいよ最終月を迎えた。

最後の週末は仕事の関係でこの4連休が今期最後の釣行となった。

 

最後に行きたい渓、やりたい企画を盛り込んで、体力が最後までもつか一抹の不安を感じ(あまり感じてないです:笑)、あっちゃんとともに出発。

 

夜中にとあるキャンプ場でテントを張り3時間程度の仮眠をし、朝の3時に起床。

ここでジキルさんと合流。

この連休はどこの渓も激戦が予想されることから出来るだけ早く車止めに着く動きをした。

 

真っ暗な中車止めに到着し、先行者がいないことを確認してしばしの休憩。

そして明るくなってきたら林道を出発。

今期最終釣行のスタートです!

 

 

 

 f:id:Natural-Drift:20200924165950j:plain

明け方まで雨が降っていたせいか、山には霞が漂い、とても幻想的な景色に足をとめて各自思いのアングルで写真や動画を撮影する。

 

 

 

 f:id:Natural-Drift:20200924170057j:plain

入渓ポイントからしばらく歩き、釣行開始。

二人のルアーには朝から好反応です!

 

そして私のフライにもポツポツと反応はあるものの、この季節特有の食いが浅くなかなかフッキングにいたらない状況が続く中、

 

 

 

 

 f:id:Natural-Drift:20200924170148j:plain

ようやく私も待望のヤマトとのご対面!

う~ん、この色白がたまらない♪

 

 

 

 

 f:id:Natural-Drift:20200924170238j:plain

いつの間にか霞も晴れ、青空が空一面に。

今日は釣り日和になりそうだ

 

 

 

 

 

f:id:Natural-Drift:20200924170321j:plain

対岸の止水ポイントからは、

 

 

 

 

 

 

f:id:Natural-Drift:20200924170403j:plain

黄金色に輝くヤマト。

これもきれいだ!

 

ポツポツとヤマトに遊んでもらい、ランチタイムに。

 

 

 

 f:id:Natural-Drift:20200924170522j:plain

今日もヤマトに出会えたことに乾杯!

 

 

 

 f:id:Natural-Drift:20200924170919j:plain

今日のランチはグリーンカレー

おいしくいただきました♪

 

 

 

 

 f:id:Natural-Drift:20200924171643j:plain

高巻きポイントでしばし遊んで、時計を見るといい時間に。

明日のイベントを考え今回はここで川を下ります。

 

街へおりて風呂に入り、外食で夕飯を済ませキャンプ場へ。

明日の大イベントを控え今日は早く寝ることに。

 

 

 

 

Day2

翌朝、とあるコンビニに3時。

あるお方と待ち合わせ。

その方は、地元アングラーの「きよたまさん」!

 

今日はきよたまさんと初めて渓遊びをさせていただくとても楽しい企画の日なのです。

 

そこから小一時間車止めに到着するとすでに車が4台・・・。

連休ですもんね。

すぐさまきよたまさんの引出しから次の候補を検索いただき移動。

 

 

 

 

 

 f:id:Natural-Drift:20200924171749j:plain

高低差はあまりないが随所に好ポイントが連続する素晴らしい渓だ!

 

入渓後すぐにジキルさんが岩魚をゲット!

全員のテンションが一気に上昇~。

 

が、しばらく沈黙の時間が続き、この状況を打破していただいたのが、この渓のスペシャリスト、

 

 

 

 f:id:Natural-Drift:20200924171957j:plain

きよたまさんがキレイなアマゴをゲット!

 

 

 

 

 

 f:id:Natural-Drift:20200924172045j:plain

こちらは私・・・、ではなくまたまたジキルさんのルアーに出たアマゴ。

婚姻色が少し入ったネイティブアマゴ。

本当にキレイでした!

 

 

 

 f:id:Natural-Drift:20200924172133j:plain

私も数回ヤラカシを犯した後、ようやくこの渓のヤマトとご対面です。

ヒットもバラシもみんなで和気あいあいと盛り上がり(バラシはほぼ私です:笑!)、とても楽しい時間をすごさせていただきました♪

 

 

 

 f:id:Natural-Drift:20200924172302j:plain

帰りの林道も釣り談義であっという間に車止めまで到着。

ここできよたまさんはお嬢様との大事なイベントがこの後控えておられお帰りに。

 

ランチを軽くすませ、近場の温泉で筋肉痛をほぐし(笑、

今夜の寝床のキャンプ場へ。

 

 

 

 f:id:Natural-Drift:20200924172407j:plain

とっても楽しかった今日に乾杯!

 

 

 

 

 

 f:id:Natural-Drift:20200924172500j:plain

明日も早起きなのであまり火を使わず、でもどれもおいしい料理についついお酒が進みます♪

 

 

 

 

Day3

今日は最終日。

今日行く渓もかなりの激戦区です。

なので、今日も暗闇の中林道を走り車止めへ。

 

すると1台の車がすでに!!!

お弁当を食べている運転手の方に声をかえると「登山です」の返答にホっとし、我々も準備い取りかかります。

するとやはり車がやってきてすぐさまチャリで行こうとするところ沢割り協議をして先に行ってもらいます。

 

我々も機動力を発揮して入渓ポイントへ。

すると・・・

 

 

バイクが2台・・・。

 

 

へ?

もしかして昨日からおられるんですか・・・?

 

 

 

まいりました。

 

 

 

 

 f:id:Natural-Drift:20200924172644j:plain

しばしふて寝(笑。

 

気を取り直して、少し下流に下り時間を空けてゆっくり釣り上がる作戦に。

すると見覚えのある自転車が・・・

 

さっきの先に行った人じゃん!

沢割りしたのに!!!

 

2組の先行者が前にいる状態に(汗。

 

まぁ、昨日まで釣果は少なからずあったので、今日は最後の渓を楽しむという趣向に変えてスタートしましょ。

 

と思いきや結構反応がありますw

 

 

 

 f:id:Natural-Drift:20200924172755j:plain

こんなサイズですが(笑。

でもキレイなヤマトです♪

 

 

 f:id:Natural-Drift:20200924173013j:plain

その先全員に適度に反応があり、「あれ?先行者いるよね?」

なんて思っていると、ジキルさんが中層に浮いている尺上と対峙。

フライを黒系に変えて1発目にフワァ~と浮いて、口が開いて、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スッポ抜けw

渓に「あぁ~!」が響き渡ります(笑。

 

 

 

 

 f:id:Natural-Drift:20200924173125j:plain

渓は例年に比べると葉の色づきが遅い感じがします。

 

 

 

 f:id:Natural-Drift:20200924173217j:plain

でも秋の気配を感じながら最後の渓を仲間と楽しみます。

そしてランチタイム♪

 

 

 

 

 f:id:Natural-Drift:20200924173352j:plain

 

f:id:Natural-Drift:20200924173532j:plain

今日はトマトのマリネとボロネーゼパスタ。

 

 

 

 

 

f:id:Natural-Drift:20200924173707j:plain

 

f:id:Natural-Drift:20200924173959j:plain

 

f:id:Natural-Drift:20200924174102j:plain

午後もポツポツとヤマトに遊んでもらっていると、濡れた足跡が。

上流を見ると朝の自転車マンが釣りしてます。

最終日に怒って気分を害すのもイヤなので、ここで竿をしまいます。

 

そして温泉で今日も更にひどくなる筋肉痛をほぐして(笑、

 

 

 

 

 f:id:Natural-Drift:20200924174243j:plain

この3日間の釣行が無事終了したことに、今期も楽しく終了したことに乾杯!

 

 

 

 

 f:id:Natural-Drift:20200924174345j:plain

 

f:id:Natural-Drift:20200924174518j:plain

タン塩(写真ナシ)

タンドリーチキン

ステーキ

と今夜は肉攻めで納会です!

 

さすがに疲れで途中小一時間寝落ちしながら夜中まで夜宴が続きました・・・

 

 

いや~、今回の釣行も遊び倒しました!

初めてお付き合いいただきましたきよたまさん、本当にお世話になりました!

むっちゃ楽しかったです!!!

来年もぜひお付き合いください!

 

今期も大きなケガなく無事終了出来ました。

山の神、渓の神、お世話になった皆さん、そして家族に感謝!

 

 

 

 

 

 

 

 f:id:Natural-Drift:20200924174952j:plain

2020渓釣行終了!

 

夏の源流ビバーク釣行2

 


今年の夏はホームから離れての探索をテーマに、3週間前にビバーク釣行第一弾が予想以上の満足度だった。

そこで、この週末に第二弾を決行!

メンバーは前回同様、ジキルさんとあっちゃん。

3名それぞれこの3週間でギアを充実させての参戦となりましたw

 

道路沿いにあるパーキングで3時間ほど仮眠をとって、探索の渓へ。

国土地理院の地図では車で結構上まで上がれるはず。

ダートをゆっくり時間をかけて上がり、「このあたりかな」って所で渓を覗きこむを魚がスっと泳ぐ。

 

3名顔を見合わせ「ニヤ」

さっそく身支度をして入渓ポイントへ。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Natural-Drift:20200831162751j:plain

渓は勾配はさほどないが随所にポイントは散りばめられたナチュ好みの渓だ♪

ただ初めての渓だが明らかに渇水していることが伺える。。。

 

時々反応するのは10cm前後のチビッコ。

しばし我慢の時間の後。

 

 

 

 f:id:Natural-Drift:20200831162828j:plain

出てきたのはニッコウ系の岩魚。

う~ん、ここはヤマトじゃなかったか。

などと思いながらしばらく釣り上がると、

 

 

 

 

 f:id:Natural-Drift:20200831162909j:plain

こんなポイントへボウキャスでフライを1発で打ち込み、

 

 

 

 

 

 f:id:Natural-Drift:20200831162953j:plain

出てきたのは限りなくヤマトの血の濃いイワナ

 

それからみんなに出てくる魚はヤマト系ばかり。

うん、やはりこの渓はそうだったね!

 

 

 

 

 f:id:Natural-Drift:20200831163109j:plain

ここでランチタイムに。

今回は火を使わずに、サーモンとアボガドのベーグルサンドをいただきます♪

 

 

 

 

 

 

f:id:Natural-Drift:20200831163213j:plain

午後は渓を移動し、もう一つ気になる沢へ。

渓相はバツグンだが、反応がない。。。

が、この大滝に二人が下りて挑むとやはりヤマトが♪

水中カラメで観察すると40cm近い魚の姿が!

しかし、ルアーには反応せずでした。

 

 

 

 

 

 

 

 f:id:Natural-Drift:20200831163410j:plain

今夜のテン場へ移動し、寝床を設営して、

 

 

 

 

 

 

 

 f:id:Natural-Drift:20200831163457j:plain

さっそく乾杯!

 

 

 

 

 

 

f:id:Natural-Drift:20200831163553j:plain

今夜のおかずは、家から漬け込んで凍らせてきたスペアリブに、

 

 

 

 

 

 

f:id:Natural-Drift:20200831163645j:plain

トマト鯖缶

 

 

 

 

 

 

 f:id:Natural-Drift:20200831164222j:plain

ちょっと奮発した酒がうまい!

 

 

 

 

 

 

f:id:Natural-Drift:20200831164355j:plain

焚火を眺めながら、ヤマトの話でゆっくり時間がすすみます。とても贅沢な時間だ♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 f:id:Natural-Drift:20200831164430j:plain

2日目。今日も夏らしい天気だ!

今日は思いが深い渓へ。約6年前あの瞬間に入渓してから一度も来てなかった渓。

ヤマトが復活したのか今年はどうしても確かめたくこの時は待っていました。

 

 

 

 

 

 f:id:Natural-Drift:20200831164636j:plain

渇水にならないと抜けられないゴルジュを抜け1時間ほど歩くと、足元から魚が走る。

ヤマトがいる!

生命観を感じ、疲れが一気に吹き飛びます。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Natural-Drift:20200831164757j:plain

しかし、フライに全く反応がない。。。

ルアーの二人には時々チェイスがあり、釣果も出ている。しかも出ればサイズが9寸前後の

アベレージだ!

 

 

残念ながら結局最後までフライには反応がなかったが、生き延びたヤマトに会えてホっとした気持ちになった。

あと3~4年待ってこの渓を再訪しようと決めた。

 

 

 

 

 

 

f:id:Natural-Drift:20200831165042j:plain

標高が1500mを超える地点だが今日は暑い!

そんな日はそうめん!

 

後半戦、突如激しい雨が降りヒヤっとしたが、無事渓を下りテン場へ帰還。

 

夜は軽く熱中症になったのか、全く食欲がなくすぐにテントへ。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Natural-Drift:20200831165847j:plain

f:id:Natural-Drift:20200831170549j:plain

朝にはすっかり体調も戻り、早朝からお腹が空いて目が覚めた(笑。

昨夜の食事も用意して朝からガッツりいただきます♪

 

 

 

 

 

 

 f:id:Natural-Drift:20200831170725j:plain

残暑が厳しい2日間だったが、ゆっくり秋は近づいてきている。

来月はいよいよラストの月だ。

最後に行く渓を考えながら帰路についた。